【ConoHa WING】12/10までWINGパックのベーシックプランが最大37%引き

【簡単】ConoHa WINGとConoHa VPSの違いを解説

疑問

ConoHa WINGとConoHa VPSって同じレンタルサーバーだよね?

WordPressブログを作りたくて、どっちを選べば良いのか悩んでるんだけど、何が違うのか分からないから教えて。

あいびい

こんなお悩みを解決します。

この記事を読むとわかること
  • ConoHa WINGとConoHa VPSの違い
  • ConoHa VPSがおすすめの人
あいびい

2020年からConoHa WINGを1年間使い続けている私が解説します。

先に本記事の内容をまとめると以下の表の通りです。

スクロールできます
ConoHa WINGConoHa VPS
おすすめの人初心者中・上級者

使用用途
・Wordpressブログ運営
・メルマガ配信
・ゲーム専用サーバー構築
・リモートワーク環境構築
・アプリ開発

メリット
・知識が不要
・低価格 
・高性能
・OS変更などカスタマイズ性が高い
デメリット・カスタマイズ不可・専門知識が必要
・やや高価格

WordPressブログを作るならConoHa WING一択。

なぜなら、ConoHa VPSでは操作が難しく、オーバースペックになる可能性があるからです。月額料金も高めですしね。

目次

ConoHa WINGとConoHa VPSの違いは3つ

ConoHa WING(以下 WING)は共有サーバー、ConoHa VPS(以下 VPS)は仮想専用サーバーというレンタルサーバーです。

この2つの違いは、主に以下の3つ。

WINGとVPSの違い
  • サーバーの性能
  • 料金プラン
  • 管理画面(コントロールパネル)

それぞれ解説します。

レンタルサーバーの種類に関してはレンタルサーバーの種類・費用を解説!【ブログなら共用サーバー】で詳しく解説しています。

サーバーの性能

VPSはWINGより高性能なサーバーで、OSやメモリなどを好みに合わせてカスタマイズできます。

またWINGは、1つのサーバーを複数人で分けて使っているため、混雑すると性能が低下する可能性があります。

ConoHa WINGとVPSの違い
VPSは細かくカスタマイズできる
あいびい

イメージとしてWINGはシェアハウス、VPSは個室だね。

シェアハウスなら人が増えると1人が使える面積が狭くなりますが、個室はどれだけ増えても使える面積は一定です。

料金プラン

基本的に月額料金はVPS>WINGとなっています。

VPSの料金プラン

スクロールできます
プラン名(メモリ)月額料金初期費用
512MB620円なし
1GB880円なし
2GB1,680円なし
4GB3,280円なし
64GB49,000円なし
VPSの料金プラン

WINGの料金プラン

スクロールできます
プラン名月額料金初期費用
ベーシック1,200円なし
スタンダード2,400円なし
プレミアム4,800円なし
WINGの料金プラン

他にも、VPSにはVPS割引きっぷ、WINGには独自ドメインがセットになったWINGパックがあり、契約期間が長ければ長いほど安く利用できます。

またWordpressサイトを作る場合、

ConoHa WINGの性能 = ConoHa VPS(メモリ2GB+KUSANAGI環境

なので、Wordpressを使ってブログを運営するだけなら、WINGを利用した方がコスパが高くなります。

あいびい

VPSは環境構築の手間もかかるからね。

WordPressでブログを作るだけならWINGがお手軽です。

管理画面(コントロールパネル)

VPSとWINGの管理画面は以下の通り。

VPSの管理画面

ConoHa VPSの管理画面

WINGの管理画面

ConoHa WINGの管理画面

VPSはカスタマイズ性が高いため、WINGよりも管理画面で多くの操作ができます。

VPSはコンソール画面のものが多いですが、ConoHa VPSはシンプルで操作がしやすいです。

ConoHa VPSがおすすめの人

VPS・WINGがおすすめの人は以下の通り。

VPSがおすすめの人

  • ConoHa WINGの速度が遅いと感じる
  • アクセスが急増した時のレスポンス低下が気になる
  • 自分専用の環境を作りたい

WINGがおすすめの人

  • 初めてレンタルサーバーを借りる
  • 費用をなるべく抑えたい
  • WordPressブログを作りたい

WINGの性能が足りないと感じたら、VPSに移行するのがおすすめ。

なぜなら、いきなりVPSを契約するとオーバースペックですし、操作も複雑だから。なによりコストもかかってしまいます。

そのため最初は、WINGを使ってみて性能に満足できるなら継続。満足できないならVPSに乗り換えをしましょう。

あいびい

WordPressブログを作るだけならWINGで十分だよ。

VPSはゲーム用のサーバーだったり、クラウド環境を作りたい人向け。

ConoHa WINGについて詳しくは【初心者はコレ】ConoHa WINGの評判・口コミをレビュー!で解説しています。

まとめ:ブログを始めるならConoHa WING一択

本記事の内容をまとめると以下の通りです。

スクロールできます
ConoHa WINGConoHa VPS
おすすめの人初心者中・上級者

使用用途
・Wordpressブログ運営
・メルマガ配信
・ゲーム専用サーバー構築
・リモートワーク環境構築
・アプリ開発

メリット
・知識が不要
・低価格 
・高性能
・OS変更などカスタマイズ性が高い
デメリット・カスタマイズ不可・専門知識が必要
・やや高価格

VPSはカスタマイズ性は高いが、専門知識が必要でやや高価格。

それに対して、WINGはカスタマイズ性は低いが、専門知識が不要で低価格で利用できます。

もし、Wordpressブログを作りたくてVPSがWINGで悩んでいるなら確実にWINGを選びましょう。

なぜならWINGでも十分すぎる性能がありますし、なにより安く使えるからです。

通常料金で比較しても毎月、

1,680円(VPS) ー 1,200円(WING) = 480円

安く使えます。

しかも、今ならConoHa WINGが春まつりキャンペーンを行っているので、WINGパックの12ヶ月契約が月額「1,200円→855円」と安く使えるのでチャンスです。

\ 今がチャンス!お得なキャンペーン開催中 /

WINGパックを12ヶ月契約すると月額1,320円→月額828円に!

もし、ConoHa WINGをすでに使用していて性能に満足できないなら、ConoHa VPSがおすすめです。

\ 今ならVPS割引きっぷで最大25%お得に /

さらに、最大1ヶ月無料でお試しできます

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる