【ConoHa WING】12/10までWINGパックのベーシックプランが最大37%引き

【完全版】1年間使って分かったConoHa WINGのメリット・デメリット

この記事を読んでほしい人
  • ConoHa WINGについて詳しく知りたい
  • ConoHa WINGのデメリットを知りたい
  • どんな人にConoHa WINGがおすすめか知りたい
疑問

ConoHa WINGと契約するか悩んでるんだけど、実際に使ってる人の感想を知りたいな。

あいびい

こんなお悩みを解決します。

この記事を読むとわかること
  • ConoHa WINGのデメリット
  • ConoHa WINGのメリット
  • ConoHa WINGがおすすめの人
あいびい

本記事は、2020年からConoHa WINGを1年間使い続けている私が解説します。

結論から言うと、ConoHa WINGはレンタルサーバーを初めて借りる人におすすめです。

なぜなら、管理画面がシンプルで使いやすく、月額料金も安いから。月額1,000円未満でこのスペックがお得すぎます。

私も1年以上ConoHa WINGを使っていますが、レンタルサーバーの設定を変更するときにも迷わず操作できて助かっています。

\ 今がチャンス!お得なキャンペーン開催中 /

WINGパックを12ヶ月契約すると月額1,320円→月額828円に!

目次

ConoHa WINGのデメリット

ConoHa WINGのデメリットは以下の9つ。

9つのデメリット
  • 基本料金が他社に比べて高い
  • プランが多くどれを選んだら良いか分からない
  • 無料お試し期間がない
  • WAFを無効にしないと設定変更ができない
  • サーバー管理画面の動作が遅い
  • WordPressかんたん移行が難しい
  • 土日祝日はサポートがない
  • 運用歴が浅いためネット上に情報が少ない
  • WINGパックの支払いが一括だけ

それぞれ解説します。

基本料金が他社に比べて高い

ConoHa WINGは他者と比較して、基本料金が高いです。

実際によく利用されているレンタルサーバー3社で比較してみましょう。

サーバー プラン 月額料金
ConoHa WING ベーシック 1,320円
スタンダード 2,640円
プレミアム 5,280円
エックスサーバー X10プラン 1,100円
X20プラン 2,200円
X30プラン 5,280円
MixHost スタンダード 1,078円
プレミアム 2,178円
ビジネス 4,378円

※料金は12ヶ月契約(2021/7/25時点)

上記の表をみると、ConoHa WINGは他のレンタルサーバーと比べると月額料金が高いことが分かります。

しかし、これは基本料金の話でして、WINGパックを利用するともっと安く契約できます。

WINGパックはどんなプラン?

通常のConoHa WINGと同等のサービスに加えて、以下の特典が付いたプランです。

  • 月額料金が最大37%OFF
  • 独自ドメインが2つ無料
あいびい

WINGパックは長期契約する方にオススメのプランだよ。

プランが多くどれを選んだら良いか分からない

ConoHa WINGには通常プランだけでなく、リザーブドプランもあります。

通常プラン

ベーシック スタンダード プレミアム
初期費用 0円 0円 0円
料金(1時間あたり) 2.2円 4.4円 8.8円
最大料金 1,320円 2,640円 5,280円
WINGパック(12ヶ月) 931円 2,145円 4,290円

※赤字はオススメのプラン

リザーブドプラン

リザーブド1GB リザーブド2GB  リザーブド4GB
初期費用 0円 0円 0円
料金(1時間あたり) 2.8円 5.5円 11円
最大料金 1,650円 3,300円 6,600円
WINGパック(12ヶ月) 1,320円 2,805円 5,610円

※赤字はオススメのプラン

WINGパックは長期契約向けのお得なプランで、独自ドメインが無料で貰えたり、月額料金が割引されたりします。

初めてレンタルサーバーを契約する人にとっては何が違うのか分からないですよね。

そこで、この2つのプラン違いを簡単に説明します。

通常プランとリザーブドプランの違い
  • 通常プラン:1つのサーバーに複数人が入っている共用サーバー。
    • サーバーのCPUやメモリを共同で使っているため、アクセスが急増しているブログがあると自分のブログの表示速度が遅くなることがある。
  • リザーブドプラン:自分専用のCPUとメモリが割り当てられるサーバー。
    • 他の人の影響を受けずに、安定してブログを運営できる。

ブログを始めて作る方にとっては、どちらのプランを選べば良いのか迷ってしまうと思いますが、ひとまずベーシックプランを選ぶのがオススメです。

あいびい

私もずっとベーシックプランを使ってるけど、なんの問題もないよ!

無料お試し期間がない

ConoHa WINGには無料お試し期間がありません。

なので、管理画面の使い勝手がどんな感じなのか、表示速度がどれくらい速いのかを確認したいときでも、契約が必要です。

ただし、上記でも解説したConoHa WINGの通常プラン(ベーシック)を使えば1時間あたり2.2円~利用できます。

ちょっとお試しで1日使っても52.8円の出費で済みますし、すぐに解約できるので安心です。

WINGパックは最低利用期間が3ヶ月発生するので注意してください。

WAFを無効にしないと設定変更ができない

WAFとは、Webアプリの脆弱性を悪用した攻撃から、守るためのセキュリティです。

ConoHa WINGはこのWAFが強すぎるため、WordpressのCSSを変更したりアドセンスコードを追加したりすると、WAFに弾かれてしまいます。

そのためWordpressの設定を修正するときは、コントロールパネルを開いてWAFを無効にしないといけません。

あいびい

慣れればなんてこともない作業だけど、初めてエラーが出たときは原因が分からなくて苦労しました。。。

セキュリティが高いってことだから、良いことなんだけどね。

サーバー管理画面の動作が遅い

ConoHa WINGの管理画面は↓のようになっており、サーバーの様々な設定を1つの管理画面で簡潔できるので、非常に使いやすいです。

ConoHa WINGの管理画面(コントロールパネル)

しかし実際に操作してみると、やや読み込みの遅さが目立ちます。

とはいえ、管理画面を操作するのに困るほど遅くはないので、そこまで気にする必要はありません。

あいびい

ちょっと読み込みに時間かかるな~くらいかな。

WordPressかんたん移行が難しい

ConoHa WINGにはWordpressかんたん移行機能という、他者サーバーからの移行が1クリックでできる機能があります。

しかし、移行に関してエラーが発生して上手くいかなかったり、プラグインによっては不具合が起きたりと、かんたんに移行できない問題があるようです。

WordPressかんたん移行で発生するエラー
  • マルチサイト機能を使っている
  • 解析やバックアップ関連のファイルなど、特定の1つのファイルサイズが大きすぎる
  • 2段階認証や画像認証のプラグインを入れている
  • PHPやWordpressのバージョンが低い
  • ディレクトリがWING側で削除されている

とはいえ、本番移行の前にテスト移行もできますし、きちんと手続きをしていれば問題なく移行手続きができるので、安心してください。

土日祝日はサポートがない

ConoHa WINGは以下の3種類の方法でお問い合わせができます。

ConoHa WINGのお問い合わせ方法
  • 電話
  • チャット
  • メール

しかし、電話とチャットの受付は平日のみ。

メールでの返信も翌営業日となっているため、土日祝日にサーバーの設定を変更して不具合が起きると、対応までに時間がかかってしまいます。

エックスサーバーでも電話受付は平日だけです。

なので、ConoHa WINGだけサポートがない訳ではありません。

運用歴が浅いためネット上に情報が少ない

エックスサーバーとConoHa WINGの運用歴の差

ConoHa WING 2018年~
エックスサーバー 2004年~

ConoHa WINGは2018年9月から運営されているサービスでして、まだ3年ほどしか運営されていません。

老舗のエックスサーバーは2004年から17年間、運営されているのと比較すると新しいサービスです。

そのため、ネット上で検索をしても情報が少なく、解決策を見つけるのが困難です。

あいびい

でも、公式サイトのサポートページが分かりやすいし、管理画面もシンプルだから操作で困ることはほぼないね。

WINGパックの支払いが一括だけ

ConoHa WINGは独自ドメインが1つ無料かつ月額料金が割安になるWINGパックがあります。

WINGパックは月単位で書かれていますが、支払いは期間分を一括払い

例えば、月額800円で12ヶ月分の契約をするなら「800×12=9,600円」を最初に支払うというイメージです。

あいびい

月単位では安くても、一括で支払うとなると、ちょっと考えちゃう金額になるよね。

でも、ブログで稼ぐなら長期契約は必須になるし、思い切って買っちゃおう。

ConoHa WINGのメリット

ConoHa WINGのメリットは以下の12個。

12個のメリット
  1. 表示速度が速くSEO対策ができる
  2. アクセスが集中してもサーバーが安定している
  3. セキュリティの安全性が高い
  4. ブログ運営に必要なコストが減らせる
  5. 料金システムが分かりやすくプラン変更がいつでもできる
  6. WordPressテーマが割引で買える
  7. サポート体制が充実している
  8. 管理画面(コントロールパネル)がスッキリしていて使いやすい
  9. サーバーとドメインを一括管理しているため複数ブログが簡単に作れる
  10. 解約が簡単で、手数料も0円
  11. サーバーが混雑したら移動できる
  12. 料金の支払い方法が多い

それぞれ解説します。

表示速度が速くSEO対策ができる

ConoHa WINGは表示速度が速いレンタルサーバーです。

なぜ、ConoHa WINGが速いのがというと、以下のような技術が使用されているからです。

ConoHa WINGが高速な理由
  • オールSSD RAID10
    • HDDよりも高速かつ安全にデータを書き込める
  • PHP7
    • PHP5より2倍速く、メモリ使用量が大幅に改善されている
  • 独自のコンテンツキャッシュ
    • キャッシュを一時保存して、表示速度を高速化できる
  • HTTP/2
    • 複数のリクエストを同時処理できるため、表示速度を高速化できる
  • LiteSpeed LSAPI
    • 従来のものよりも、20%高速にPHPを処理できる

この表示速度の速さはSEOにとって重要なポイントとなっており、Googleの検索順位にも影響すると公表されています。

  • 表示速度をモバイル検索のランキングに使用する

 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。

Googleウェブマスター向け公式ブログ

また表示速度が遅いと、直帰率が下がることが判明しています。

・読み込みが1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上がる
・読み込みが1秒から5秒に落ちると、直帰率は90%上がる
・読み込みが1秒から6秒に落ちると、直帰率は106%上がる
・読み込みが1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上がる
・読み込みが1秒から10秒に落ちると、直帰率は123%上がる

Find Out How You Stack Up to New Industry Benchmarks for Mobile Page Speed

他にも、Googleが行ったモバイルページの表示速度に関する調査では、

サイトの表示に3秒以上かかると40%以上のユーザーが離脱し、表示が1秒遅れるごとにコンバージョン率が7%減少することが判明しています。

・直帰率:1ページだけを見てそのままサイトから離脱された割合
・コンバージョン率:Webサイトに訪れた人のうち商品の購入や申込に至った割合

つまり、表示速度が遅ければ遅いほど、あなたが書いた記事が読まれないし検索順位も下がってしまうことになります。

そのような事態を避けるために、表示速度はできるだけ速くしておきましょう。

あいびい

表示速度が全てではないけど、SEOの一要素なので大切にしよう。

アクセスが集中してもサーバーが安定している

ConoHa WINGでは、ミドルウェアにNginxを採用しており、表示速度が速いだけではなくスピードを維持する安定性も高いです。

ミドルウェアとは、OSとアプリケーションの仲介をするサーバーのこと。
ApacheやNginxがよくミドルウェアとして利用されている。

NginxはApacheと比較して、高速かつ高負荷に強くいため、大容量データ配信や大量同時接続にも耐えられます。

なので、

  • 夜になると表示速度が急に遅くなってしまう。
  • アクセスが突然増えるとサイトが落ちてしまう。

といった心配もありません。

セキュリティの安全性が高い

ConoHa WINGでは以下のようなセキュリティ対策が行われています。

ConoHa WINGのせキュリティ対策
  • 無料独自SSL:Webセキュリティ強化に必須
    • 1クリックで即日発行
  • WAF:サイバー攻撃からWebサイトの安全を守るシステム
    • 最新の攻撃パターンにも対応できるSiteGuard採用
  • 迷惑メール対策
    • メールの送受信時にリアルタイムでブロックしてくれる、ウィルスチェック機能
    • スパムを検出し迷惑メールを排除してくれる、迷惑メールフィルター機能
  • アクセス制限:サイトの乗っ取りを防ぐ
    • ログイン回数制限
    • 海外アクセス制限

他のレンタルサーバーと比べても、ConoHa WINGは万全のセキュリティ対策が施されているため、安全性を重視したい方にオススメです。

ブログ運営に必要なコストが減らせる

ConoHa WINGでは、以下のコストが全て不要になります。

ConoHa WINGで削減できるコスト
  • 初期費用
  • 独自ドメイン2つ
  • 自動バックアップ&復元
  • SSL化

月額料金ばかりに目が行きがちですが、上記のようなブログを運営するのに必要なコストを減らすことも大切です。

他のサーバーだと、以下のような費用が月額料金とは別で必要になります。

他のレンタルサーバーだと必要になる費用
  • 初期費用:初回のみ3,000円程度
  • 独自ドメイン:1つにつき年間1,000~2,000円
  • 復元:5,000円程度

※SSL化と自動バックアップは有名なレンタルサーバーであれば、無料で利用できます。

契約期間によっては月額料金より初期費用の方が高くなったりしますし、独自ドメインはブログを維持するのに毎年必要です。

また復元は滅多に使いませんが、万が一のことを考えると無料でできた方が安心できます。

なので月額料金だけ見ていると、このような費用が増えてしまい支払時に「思ったより高いな」なんてことに、繋がります。

あいびい

ConoHa WINGであれば、「3,000+1,000+1,000 = 5,000円」は少なくともコストを減らせるね。

料金システムが分かりやすくプラン変更がいつでもできる(最低利用期間がない)

ベーシック スタンダード プレミアム
初期費用 0円 0円 0円
料金(1時間あたり) 2.2円 4.4円 8.8円
最大料金 1,320円 2,640円 5,280円
WINGパック(12ヶ月) 931円 2,145円 4,290円

上記のデメリットで解説したように、ConoHa WINGは料金プランが複数あり初心者にとっては複雑です。

しかし料金システムは、1時間単位なので誰でも分かりやすくなっています。

例えば他のレンタルサーバーでは、月の途中に契約すると1ヶ月分の料金を支払う必要がありますが、ConoHa WINGでは月の途中から初めても、使った分だけの料金で済みます。

あいびい

最低利用期間もないので、お試しで1日だけ使ってみることも、できるよ!

WINGパックとは
ざっくり言うと、長期契約向けの割引料金プラン

・申し込み月は月額料金が無料
・月額料金が400円以上安く
・独自ドメインが2つ永久無料

など、ブログ運営を始めたい人にとってはメリットが多い料金プランです。

WordPressテーマが割引で買える

WordpressテーマをConoHa WINGなら割引で買える

ConoHa WINGでは、Wordpressの有料テーマを割引価格で購入できます。

ConoHa WINGで買えるWordpressテーマ
  • SANGO   :11,000円 => 9,900円
  • JIN    :14,800円 => 14,250円
  • THE SONIC:8,500円/年 => 6,578円/年

SANGOはかわいいデザイン、JINはアフィリエイト向け、THE SONICは表示速度に優れているといった、特徴があります。

サポート体制が充実している

ConoHa WINGでは、以下のサポート体制を取っています。

ConoHa WINGのサポート体制
  • 電話:平日10:00~18:00
  • メール:平日10:00~18:00(お問い合わせは24時間受け付け)
  • チャット:平日10:00~18:00

ブログを初めて作ろうとしている方にとっては、専門用語や手続きなど、分からないことが多々あると思います。

そんな時に、サポート体制が整っているConoHa WINGであれば、安心ですよ。

あいびい

私も初めてレンタルサーバーを契約したときは、Whois情報の記入方法が分からなくてサポートに連絡したら、丁寧に書き方を教えて貰えました!

【注意】ConoHa WINGのサポートは平日のみ

上記のデメリットでも解説しましたが、ConoHa WINGのサポートは平日のみの対応です。

そのため、お問い合わせをする時間には注意して下さい。

管理画面(コントロールパネル)スッキリしていて使いやすい

ConoHa WINGの管理画面(コントロールパネル)

ConoHa WINGは管理画面がシンプルなので、初めて操作しても迷わず扱えます。

レンタルサーバーの管理画面は、ドメイン管理やブログ新設で何度も利用するでしょう。

管理画面が複雑だと毎回操作を検索して調べる必要があるので、思ったより時間がかかってしまいます。

しかし、ConoHa WINGであればスムーズに目的の操作ができるため、短い時間でしか作業ができない副業ブロガーにおすすめです。

サーバーとドメインを一括管理しているため複数ブログが簡単に作れる

ConoHa WINGは1つの管理画面でサーバーとドメインを管理できます。

他のレンタルサーバーでは別々のサイトで管理することが多く、ブログを開設するのに複数のタブを開く必要があるため不便です。

そのためConoHa WINGは、3分もあれば新規のWordpressブログを立ち上げれます。

作りたいと思ったらすぐに立ち上げられるので、面倒な作業は後回しにしがちな人でも安心です。

あいびい

良いアイデアが思い立ったらすぐにブログが作れる!

解約が簡単で、手数料も0円

ConoHa WINGの解約は以下の3ステップで完了します。

ConoHa WINGを解約する3ステップ
  1. 自動更新をOFFにする
  2. 全てのサーバーを削除する
  3. ConoHa WINGを解約する

解約手数料もいらないため、気軽に使い始められます。

サーバーが混雑したら移動できる

ConoHa WINGはサーバーマイグレーションが可能です。

サーバーマイグレーションとは、利用しているサーバーが混雑してきたら別の空いているサーバーへ移動できる機能のこと。

これにより、人が多くなると速度が低下する共用サーバーであっても心配ありません。

あいびい

サーバーを移動できるのはConoHa WINGだけ。

料金の支払い方法が多い

ConoHa WINGは料金の支払い方法が豊富です。

ConoHa WINGの支払い方法
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 銀行振込
  • オンライン決済
  • コンビニ支払い
  • ConoHaカード

特にConoHaカードを使えば、クレジットカードや銀行振込をしなくてもConoHa WINGが利用できるのでおすすめ。

プリペイド方式なので、クレジットカードを登録するのが不安な方も安心です。

あいびい

ConoHaカードは学割もあるので学生の方は必見。

まとめ:ConoHa WINGはブログ初心者におすすめ

本記事の内容をまとめるとこんな感じ。

メリット
デメリット
  • 表示速度が速くSEO対策ができる
  • アクセスが集中してもサーバーが安定している
  • セキュリティの安全性が高い
  • ブログ運営に必要なコストが減らせる
  • 料金システムが分かりやすくプラン変更がいつでもできる
  • WordPressテーマが割引で買える
  • サポート体制が充実している
  • 管理画面(コントロールパネル)がスッキリしていて使いやすい
  • サーバーとドメインを一括管理しているため複数ブログが簡単に作れる
  • 解約が簡単で、手数料も0円
  • サーバーが混雑したら移動できる
  • 料金の支払い方法が多い
  • 基本料金が他社に比べて高い
  • プランが多くどれを選んだら良いか分からない
  • 無料お試し期間がない
  • WAFを無効にしないと設定変更ができない
  • サーバー管理画面の動作が遅い
  • WordPressかんたん移行が難しい
  • 土日祝日はサポートがない
  • 運用歴が浅いためネット上に情報が少ない
  • WINGパックの支払いが一括だけ

ConoHa WINGは他のレンタルサーバーと比較して、管理画面の使いやすさがピカイチ。

初めてレンタルサーバーを操作する人であっても、ほとんど迷わずに操作ができるはずです。

ConoHa WINGについて詳しくは【初心者はコレ】ConoHa WINGの評判・口コミをレビュー!で解説しています。

あわせて読みたい
【初心者はコレ】ConoHa WINGの評判・口コミをレビュー! ※本記事は税込料金に対応しました。(2021/4/1) ConoHa WINGに契約するか悩んでるけど、本当に良いのかな?実際に使ってる人の話を聞いてみたいな。 こんなお悩みを解...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる